病名は? 顔面神経麻痺 です

12月に罹った病名は・・・
「顔面神経麻痺」です。

11日に朝食を食べてるときに、なぜか食べにくくなり、口の中に違和感がありました。
そのまま様子を見ることにしたんです。

12日には、やはり違和感が消えず、顎が外れたのでは?と思っちゃいました。

13日、話し言葉がおかしいと家族に言われ、まさか、脳梗塞の再発?を疑い、病院へ。
ただ、紹介状がないので、受け付けてくれるか心配でした。
病院に着き、看護師さんが症状を聞いてくれて、診察できるかを主治医の先生に聞いてくれました。

すると、症状から耳鼻咽喉科を紹介されたんです。
看護師さんが耳鼻咽喉科まで案内してくれました。

でも、なぜ耳鼻咽喉科なのか・・・。
病状から、間違っているはずもないけれど、う~~ん、って感じ。

診察が始まって、左側だけ、眉毛・まぶた・鼻・口が動きが悪い。(自分から見ての左側)
眉毛を上げ下げをしようとしても、動きが悪い。
瞼を閉じようとしても、薄目を開けている状態にしか閉じない。
鼻をピクピクしようとしても、動かない。
口の端が動かない。

顔面神経麻痺と診断を受けました。
耳の中に穴が空いてるんだけど、その中に神経が通っていてるんだって。
その神経にウィルスが着いて、神経が腫れてしまっているそうな。
それで、耳の穴が狭いので、神経がきつくなってしまっているらしい。
顔には、表情筋があって、神経の信号が筋に届かず、動かなくなっているんだって。

検査(1週間後)の予約をし、薬を飲むことになりました。
飲むのに、苦い薬もあるよと聞き、ちょっと不安がありましたよ。
そのうえ、飲む薬が数日ごとに変わったりして、間違えないように神経を使いました。

1週間後に検査を受けただけで、1週間後に検査結果を聞くことで終了。
検査は、顔に電気を当てて、表情筋が動くかを調べていましたが、多少・・・大いにビリって痛いぜよ~~。

検査結果は、7割方、快方しているそうです。
5割、快方していればいい方そうで、かなりいい治り方をしてるんだそう。

栄養剤を処方され、次回に診察をうけることに。

最後の診察では、完治だそうです。
場合によっては、再発することもあるそうですが、大丈夫でしょうと言われました。
もし、なにかあったら診察を受けてください・・・だって。

ほっとしましたよ。
だって、瞼が閉じなかったとき、洗顔やシャンプーするときに目に石けんが入って痛かったのが辛かった。
他にも、色々と不都合があって、大変でした。

でも、表情筋が動かなくなった時、診察の科目が耳鼻咽喉科だったのが驚きでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント